スポンサーリンク

軽自動車から超小型モビリティへ 次世代モビリティ、30年に10万台市場に

財形新聞

環境保全にも配慮した次世代モビリティ(電動トライク、電動ミニカー、超小型モビリティ)は、超小型モビリティが昨年2020年の規則改正によって軽自動車の新区分と位置づけられ国内販売が可能となり本格的な普及の時代が始まった。…

続きはこちら→ 軽自動車から超小型モビリティへ 次世代モビリティ、30年に10万台市場に

タイトルとURLをコピーしました