スポンサーリンク

NY市場サマリー(27日)

NY市場サマリー(27日)
<為替> ドルが下落した。政府・中銀による新型コロナウイルス対策が世界的な市
場混乱の抑制につながっている。ドルの週間の下落率は10年超ぶりの大きさとなった。
ドルは3月に入り急騰。株式や債券が急落する中で世界の基軸通貨であるドルの需要
が高まった。ただ大規模な財政政策や主要中銀によるドル供給拡充などを受け、ドル高は
抑制されている。
米議会下院はこの日、2兆2000億ドル規模の新型コロナウイルス関連経済対策法
案を賛成多数で可決した。
ドル指数は0.87%安の98.41。週間では3.90%下落し、2009
年3月以来の大きさだった。前週には週間で金融危機以来の大幅な値上がりを記録してい
た。
コメルツバンクの為替・商品調査部門責任者、ウーリッヒ・ルクトマン氏は「金融市
場の緊張が緩和している。中銀の措置が現時点では奏功しており、ドル不足は解消されて
いる」と述べた。
ドルは対円で1.56%安の107.87円。来週の年度末を控え日本の投資
家や企業によるリパトリエーション(資金の本国還流)が進んで
Source: Bull
NY市場サマリー(27日)

タイトルとURLをコピーしました