スポンサーリンク

GPIF、次年度以降は全資産25%で運用=外債乖離幅は上下6%

GPIF、次年度以降は全資産25%で運用=外債乖離幅は上下6%
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は31日、次期5カ年中期計画を正式発表した。国内外の債券と株式に25%ずつ均等に投資し、年金財政上必要とされる実質1.7%の運用利回りを安定的に確保する。外国債券の乖離許容幅は上下6%とし、内外株式の許容幅は上下1ポイント縮小させた。
Source: Bull
GPIF、次年度以降は全資産25%で運用=外債乖離幅は上下6%

タイトルとURLをコピーしました