スポンサーリンク

欧州市場サマリー(31日)

欧州市場サマリー(31日)
<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。原油価
格が持ち直したほか、中国の製造業統計を受け、景気回復への淡い期待が浮上した。ただ
四半期ベースでは1987年以来の大幅安となった。
前日急落した原油価格はこの日、安定した。トランプ米大統領とロシアのプーチン大
統領は原油相場安定に向けて協議することで合意した。石油大手のロイヤル・ダッチ・シ
ェルとBP は7.1%と6.4%それぞれ上昇した。
たばこのインペリアル・ブランズは12.3%上昇した。新たな融資を受け
たほか、新型ウイルスのパンデミック(世界的大流行)による事業への大きな打撃はない
と述べたことが買い材料だった。
中国の3月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は景況拡大と悪化の分かれ目であ
る50を予想外に上回り、過去最低を記録した2月(35.7)から大きく上昇した。た
だアナリストは安定した回復ではないだろうと警告した。
中型株では高級車メーカー、アストン・マーティンが12.3%急落。新型
ウイルスの感染拡大による打撃に対応するため、一部の従業員を一時帰休
Source: Bull
欧州市場サマリー(31日)

タイトルとURLをコピーしました