スポンサーリンク

独首相、連邦裁のECB違憲判断巡る問題は解決可能=関係筋

独首相、連邦裁のECB違憲判断巡る問題は解決可能=関係筋
ドイツのメルケル首相は、11日に開かれたキリスト教民主同盟(CDU)の幹部会合で、連邦憲法裁判所が欧州中央銀行(ECB)の量的緩和政策(QE)を一部違憲と判断したことについて、ECBが資産買取プログラムに関する説明を行えば問題の解決は可能という認識を示した。関係者2人が明らかにした。
Source: Bull
独首相、連邦裁のECB違憲判断巡る問題は解決可能=関係筋

タイトルとURLをコピーしました