スポンサーリンク

東京外為市場・15時=ドル107円前半、原油や資源国通貨の下落が重し

東京外為市場・15時=ドル107円前半、原油や資源国通貨の下落が重し
        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円
 午後3時現在 107.46/48 1.0926/30 117.42/46
 午前9時現在 107.63/65 1.0947/51 117.87/91
 NY午後5時 107.61/63 1.0949/52 117.81/85

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の10
7円前半。臨時の日銀金融政策決定会合後に、材料出尽くし感からドルは107円半ばま
で売られた。午後には、原油安を受けた資源国通貨の下落や、中国できょうから開催され
ている全国人民代表大会(全人代、国会)で2020年の国内総生産(GDP)目標の発
表が見送られたこと、香港株の急落などのリスク要因が意識され、じり安の展開となった

日銀は臨時の金融政策決定会合で、金融機関向けの新たな資金供給手段を決定した。
ドルは仲値にかけていったん107.76円まで上昇したが、公示直後から反落し始め、
日銀の発表を経て107.56円まで
Source: Bull
東京外為市場・15時=ドル107円前半、原油や資源国通貨の下落が重し

タイトルとURLをコピーしました