スポンサーリンク

米国株式市場=高安まちまち、米中間の緊張見極め

米国株式市場=高安まちまち、米中間の緊張見極め
米国株式市場は、主要株価指数が高安ま
ちまちで取引を終了した。米中間の緊張を見極めたいとのムードが広が
ったほか、新型コロナウイルス流行からの経済回復ペースを巡る不透明
感も続いた。
トランプ米大統領が21日、中国が香港に対し国家安全法を導入す
れば、米国は「極めて強硬に」対応すると警告したことを受け、第1段
階の米中通商合意が破棄されるとの懸念が高まった。
また米商務省が人権侵害や国家安全保障上の懸念を理由に33の中
国企業・団体をブラックリストに追加すると発表したことを受け、引け
にかけ売り優勢となった。
米中間の緊張の高まりによって、主要株価指数は数カ月ぶりの高値
から下落したものの、週間の上昇率はダウが3.3%、S&P500が
3.2%、ナスダックが3.4%となった。新型コロナワクチンや制限
措置の緩和を巡る楽観的な見方が追い風となった。
USバンク・ウェルス・マネジメントのエリック・フリードマン最
高投資責任者(CIO)は「新型コロナに対する懸念が引き続き市場を
支配しているが、米中関係が取って代わる可能性があ
Source: Bull
米国株式市場=高安まちまち、米中間の緊張見極め

タイトルとURLをコピーしました