スポンサーリンク

UPDATE 1-アジア通貨動向(25日)=総じて軟調、米中対立でリスク回避

UPDATE 1-アジア通貨動向(25日)=総じて軟調、米中対立でリスク回避
アジア通貨は総じて軟調。香港国家安全法を巡る米中対立
を受けて、投資家のリスク回避姿勢が強まっている。大半の市場が休場で取引高は低調。
貿易動向に敏感な韓国ウォンが一時0.5%安と下げを主導。市場の関心
は28日の韓国中銀理事会に集まっている。ゴールドマン・サックスは25ベーシスポイ
ント(bp)の利下げを予想している。
シンガポール、マレーシア、インド、インドネシア、フィリピン市場は祝日のため休
場。オフショア市場のシンガポールドルは小幅に下落している。
台湾ドルとタイバーツはそれぞれ0.2%安、0.3%安。
人民元は小幅安。3営業日続落となる見通し。
中国人民銀行(中央銀行)は25日、人民元の対ドル基準値(中間値)を2008年
以来の元安水準に設定した。香港に国家安全法を導入する法案が全国人民代表大会(全人
代、国会に相当)に提出されたことを受けて22日のスポット市場で元が下落したことを
反映した。

0411GMT(日本時間午後1時11分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相場
は以下
Source: Bull
UPDATE 1-アジア通貨動向(25日)=総じて軟調、米中対立でリスク回避

タイトルとURLをコピーしました