スポンサーリンク

UPDATE 1-アジア通貨動向(28日)=総じて下落、韓国利下げや香港問題など重し

UPDATE 1-アジア通貨動向(28日)=総じて下落、韓国利下げや香港問題など重し
アジア通貨は韓国ウォン主導で総じて下落した

ウォンは一時0.7%安の1ドル=1242.50ウォンとなり、日中の取引として
は約3週間ぶりの下げ幅を記録した。韓国銀行(中央銀行)の利下げや成長率見通しの引
き下げが背景。
韓国銀行は28日、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低
の0.50%とした。また、今年の経済成長率見通しを、1998年のアジア通貨危機以
来、最悪の水準であるマイナス0.2%に下方修正した。
他のアジア通貨は、米中関係の悪化に圧迫された。
ポンペオ米国務長官は27日、中国政府が香港への統制を強化する「国家安全法」を
制定する方針であることを受け、香港に対し米国内法に基づく優遇措置を認められないと
述べた。
一方、28日に閉幕する中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、「国家
安全法」を導入する方針を採択する見通し。
フィリピンペソは0.2%安、シンガポールドルはほぼ変わらず。マレ
ーシアリンギとインドルピーは、それ
Source: Bull
UPDATE 1-アジア通貨動向(28日)=総じて下落、韓国利下げや香港問題など重し

タイトルとURLをコピーしました