スポンサーリンク

UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)=ドル上昇、米国株続伸

UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)=ドル上昇、米国株続伸
<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが上昇した。5月の米小売売上高
が過去最大の伸びを記録し、米経済の最悪期は脱したとの見方が強まった。
この日は米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、公聴会で半期に一度の議会
証言を行い、米経済について、新型コロナウイルス流行が制御されていると米国民が考え
なければ、完全に回復しないだろうと指摘。ただ安全通貨としてのドル買いにつながり、
ドル上昇の歯止めにはならなかった。
テンパスの為替トレーダー、フワン・ペレス氏は「パウエル氏の発言はかなりネガテ
ィブな内容だった。パウエル氏は現実主義者だろう。ドルがやや上昇したのはパウエル氏
が言及した不確実性が理由だ。米経済のリセッション(景気後退)の長期化に備えている
ように見える」と述べた。
午後の取引で、ドル指数は0.5%高の97.019。対ユーロで
は0.5%高の1.1262ドルだった。
一方、対円ではほぼ変わらずの107.29円。序盤は上昇していたが伸
び悩んだ。
Source: Bull
UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)=ドル上昇、米国株続伸

タイトルとURLをコピーしました