スポンサーリンク

NY市場サマリー(17日)=ドル小幅高、S&P下落

NY市場サマリー(17日)=ドル小幅高、S&P下落
<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが小幅に上昇した。新型コロナウイルス
感染が中国・北京のほか、米国の一部でも再び拡大していること受け、安全資産に資金が
シフトした。
主要6通貨に対するドル指数は0.140%高の97.121。ドルはユーロ
に対し0.25%高の1.124ドルとなったが、ドル以外の安全通貨に対しては
下落。対円で0.28%安、対スイスフランでは0.23%安となった。
アクション・エコノミクスのアナリストは「米国の一部の州のほか、北京で新規感染
が増加していることを背景に、安全資産としてのドルに買いが入った」と述べた。
米国では16日、テキサス州やネバダ州など6州で新規感染者の増加が過去最高を記
録。この日はオクラホマ州の増加が過去最高となった。中国では北京の感染拡大を受け、
北京首都国際空港の発着便が大幅に欠航されるなどしている。
連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はこの日に下院金融サービス委員会で行っ
た証言で、政府は景気支援に一段の措置を実施する必要があると発言。これを受け
Source: Bull
NY市場サマリー(17日)=ドル小幅高、S&P下落

タイトルとURLをコピーしました