スポンサーリンク

アイリッジ MACDは陽転シグナルを発生

アイリッジ MACDは陽転シグナルを発生
堅調。10月22日高値1453円をピークに調整が続き、足元では支持線とした25日線を割り込む場面もみられたが、直近で大陽線形成で25日線を回復。
Source: 財形新聞マーケット
アイリッジ MACDは陽転シグナルを発生

タイトルとURLをコピーしました