スポンサーリンク

Casaは週刊文春の記事が材料視され下げ幅100円台で推移

財形新聞

Casaは週刊文春の記事が材料視され下げ幅100円台で推移
■社員たちを罵倒と伝えられ、ひとまず敬遠する雰囲気

Casa(東1)は12月3日、ストンと水準を下げ、前場の1153円(120円安)を安値に後場も一進一退を続け、一時的に持ち直したが下げ幅100円台で推移している。
Source: 財形新聞マーケット
Casaは週刊文春の記事が材料視され下げ幅100円台で推移

タイトルとURLをコピーしました