スポンサーリンク

今こそ「円ステーブルコイン」の導入を【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

今こそ「円ステーブルコイン」の導入を【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
IMF(国際通貨基金)は2020年11月17日発行の「Reserve Currencies in an Evolving International Monetary System」で、準備通貨としての米ドルの優位性が持続すると予想される一方、(1)COVID-19のパンデミックが準備通貨構成の経済的要因に大きな不確実性をもたらしている、(2)地政学的緊張の高まりが準備通貨の戦略的調整を突然引き起こす可能性がある、(3)デジタル通貨や決済エコシステムなどの技術進歩が新たな準備通貨の出現をもたらす可能性がある、と指摘した。
Source: 財形新聞マーケット
今こそ「円ステーブルコイン」の導入を【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

タイトルとURLをコピーしました