スポンサーリンク

日本鋳鉄管がストップ高、AI(機械学習)を用いた水道管路劣化診断業務に注目集中

日本鋳鉄管がストップ高、AI(機械学習)を用いた水道管路劣化診断業務に注目集中
■同システム初の本格受注、兵庫県朝来市からと8日発表

日本鋳鉄管(東1)は2月9日、急伸し、10時30分過ぎにストップ高の1606円(300円高)まで上げて昨年2月以来の1600円台に進み、出来高も急増となっている。
Source: 財形新聞マーケット
日本鋳鉄管がストップ高、AI(機械学習)を用いた水道管路劣化診断業務に注目集中

タイトルとURLをコピーしました