スポンサーリンク

NY為替:雇用関連指標悪化でドルは伸び悩む

NY為替:雇用関連指標悪化でドルは伸び悩む
18日のニューヨーク外為市場でドル・円は、105円60銭まで下落後、105円88銭まで反発したが、欧米株安を嫌気して上げ渋り、105円67銭で引けた。
Source: 財形新聞マーケット
NY為替:雇用関連指標悪化でドルは伸び悩む

タイトルとURLをコピーしました