スポンサーリンク

NYの視点:パウエルFRB議長は慎重姿勢を崩さず、金融緩和縮小への警戒感は後退

NYの視点:パウエルFRB議長は慎重姿勢を崩さず、金融緩和縮小への警戒感は後退
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は半期に一度の上院銀行委員会での証言でFRBの目標である最大雇用や2%の平均インフレ達成、また、著しい進展には「時間がかかる」と慎重な見解を繰り返した。
Source: 財形新聞マーケット
NYの視点:パウエルFRB議長は慎重姿勢を崩さず、金融緩和縮小への警戒感は後退

タイトルとURLをコピーしました