スポンサーリンク

大阪金概況:下落、米長期金利上昇で売られやすい地合いが継続

大阪金概況:下落、米長期金利上昇で売られやすい地合いが継続
大阪取引所金標準先物 22年2月限・日中取引終値:6117円(前日日中取引終値↓22円)

・推移レンジ:高値6152円-安値6117円

25日の大阪取引所金標準先物(期先:22年2月限)は下落した。
Source: 財形新聞マーケット
大阪金概況:下落、米長期金利上昇で売られやすい地合いが継続

タイトルとURLをコピーしました